トップページ > 小説トップ > 記事閲覧
悪魔ダークの冒険記【オリジナル】
日時: 2016/09/13 19:54
名前: リク

初めての方は初めまして。
そして、お久しぶりです。
リクです。
キャラ、募集中!!

※読む前に※

*残酷表現があるかも知れません。
苦手な方は本編を読む事はお勧めしません。
*荒らし・批判はお控えください。
*ポケモン、関係ありません。
*悪魔や魔術など架空のものがあります。
*以上の事を踏まえて、本編を観覧してください。

〜あらすじ〜
かつて、世界を恐怖のどん底に落とした
悪魔がいた。
彼は、とある悪魔ハンターにより、
何処かに封印された。
ところが、ある者の手で「彼」が
復活してしまった。
そして、「彼」は、再び恐怖を
起こそうと動き始めた・・・

以上!!

と、言う訳で、
今後も引き続き宜しくお願いしますー_ーペコリ
メンテ
Page: [1] [2]

Re: 悪魔ダークの冒険記【オリジ ( No.5 )
日時: 2013/06/09 22:35
名前: ガザ

ガザ(元・グライド∞)です。

キャラ募集と言うことで投稿したいと思います。

名前:リリム

性別:♀

種族:天使

容姿:髪型はショートヘアで藍色。瞳の色彩は、透明感のある青色。
両耳にはエメラルドのイヤリング。首には赤の宝石が付いたクロスのネックレス。
背丈は150cm未満であり、胸が巨乳。
服装は白色のシャツで、ミニスカートにニーソックス。

性格:正義感が人一倍強く優しい。悪事は絶対許さない。相手の目を見ただけで嘘を見抜ける。自然や動物が好き。

武器:名前『イヴノヴァ』形状は虹色に輝く短剣。永久的に朽ちない、絶対錆びない。
そしてシャーペン一本並に軽量。硬さはダイヤモンドをも凌駕する。
切れ味は5cmの厚さである鉄板を簡単に切断可能。

武器技:効果は悪魔が近くに接近した時に、黒色に変色する。
戦闘時は、短剣を一降りすれば60km遠方の物体も両断する(彼女の思考次第で、相手や物体を直接見なくても殺意だけで致命的切り傷を与える(呪いみたいな効力))。
場合によっては、切られた者は自分自身が切り傷を負わされたことにも気づかず、出血多量でチーン…。
天使にしか扱えない(人間や悪魔が持っても単なるナイフと一緒なので、効果も発揮できない)。
天使専用の宝剣。

詳細:年齢15歳。口調は基本的に標準語で、普通に女の子っぽい喋り方。一人称は私。

とりあえず、こんな感じです。
自由自在に使用して下さい。
これからどんな物語になるのか楽しみに待っています。

以上です。
メンテ
Re: 悪魔ダークの冒険記【オリジナル】 ( No.6 )
日時: 2016/10/14 20:19
名前: リク

コメ返し!!

ガザさん
お久しぶりです

早速キャラ応募して下さり、有難う御座います。
リリムさんは、有難く使わせて頂きます。
と、言う訳で、本当に有難う御座います!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〜一話〜「復活」
〜ダーク視点〜

オレの名は、ダーク。
悪魔だ。
人間界で有名な『伝説の悪魔』とは、オレの事だ。
まぁ、大分前に宿敵、『悪魔ハンター』によって、
封印されたがな。
ん?何故、その悪魔が此処に居るのかって?
ふっふっふ・・・
知りたいか?
なら、教えてやろう。

オレは、封印されたが、数年後、哀れな人間に
よって、

解放されたからだ!!

・・・まだ、完全復活ではないがな・・・

・・・ん?・・・ その後そいつがどうなったかだと・・・?
・・・どうなったと思うか?

・・・ククク・・・

・・・そこは、自分の想像に任せろ・・・

・・・まぁ、オレの話はこのぐらいにして・・・
今は、完全復活まで時間がある。
問題はこれからどうするかだ。

・・・さて、どうするか・・・
・・・復活したばかりだからだろうか・・・
少し体がだるい。
・・・動けないわけではないが。
・・・アイツは大丈夫なのだろうか・・・
・・・探しに行くか・・・

〜???視点〜

〜とある森林〜

タッタッタッタ・・・・

「ハァッハァッハァッハァ・・・」
・・・何処に行ってしまったのですか?
アタシをおいて・・・
・・・もしかして、アタシを裏切ったのですか?
でも、貴方の事は信じています・・・
必ず貴方を見つけますから・・・
そして、『あの事』を訊きますから・・・
ですので待っていてください・・・

ーーー『デビル様』ーーー

〜一話〜 完
メンテ
Re: 悪魔ダークの冒険記【オリジナル】 ( No.7 )
日時: 2014/06/17 21:35
名前: リク

コメ返し!!

メティスさん

キャラ応募、有難うございます!!
二人共出来るだけ活躍させます。
お互い、頑張りましょう!!
と、言う訳で、コメ、有難うございました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〜二話〜「再会」
〜ダーク視点〜

〜とある森〜

「・・・『リリ』・・・
何処に居るんだ・・・?」

今、オレは、『リリ』を探している。
・・・真実を伝える為だ。

オレは、あの時ーーー
“ぐ・・・リリ・・・オレに構わず、先に行ってくれ・・・!!”
“え・・・でも、このままだとデビル様が・・・”
“いいから・・・!!・・・頼む・・・先に行ってくれ・・・”
“・・・・分かりました・・・でも・・・必ず生きて戻って来てください・・・!!”
“・・・嗚呼・・・必ず戻る・・・”
“約束ですよ・・・”
“・・・(頷)”
アイツと約束したんだ・・・
ーーー『必ず戻る』とーーー
オレは力の限り走った。
約束を果たす為に・・・・
・・・待っていろよ・・・
今、そっちに行くからな・・・

リリ・・・

〜リリアン視点〜

アタシはリリアン。
悪魔よ。
今、アタシは、デビル様を探しているわ。
・・・デビル様・・・何処に居るのかしら・・・

ガサ・・・

・・・あら?
あそこの木の陰から、人影が見えるわ
あの姿はもしかして・・・
タッタッタッタ・・・・
「・・・・!?・・・リリ!?・・・」
「やっぱり・・・!!・・・デビル様だわ・・・!!」
「・・・やっぱり・・・という事は、まさかお前・・・オレが来るのを待っていたのか・・・?」
「いえ・・違います・・・たまたま此処に来ただけです・・・」
「・・・・そうか・・・」
そう言って、デビル様は黙ってしまったわ。
「・・・・!・・・そうだ・・・リリ!!」
先に沈黙を破ったのはデビル様だった。
「実は・・・お前に伝えたい事があるのだが・・・」
「え?・・・伝えたい事?・・・それは何ですか・・・?」
「それは今教える・・・あのな・・・」
次の言葉を聞いた瞬間、アタシは耳を疑った。
「え・・・!?・・・それはどう言う事ですか・・・!?」
「いいか?・・・これは本当の事だ」
「・・・・」
その瞬間、アタシは言葉を失った。

〜二話〜 完
メンテ
Re: 悪魔ダークの冒険記【オリジナル】 ( No.8 )
日時: 2013/10/18 19:17
名前: メティス

こんばんは、メティスです。
『天才たちの戦い』ではたくさんのキャラクターをありがとうございました!

ついにリク様の小説を見れるとは!
こちらのダーク君たちのこれからが楽しみです!

キャラ募集もしていると言うことなので、恩返しという意味も込めて投稿させていただきます!


まずは一人目です。

名前:蒼希 雪菜(あおき せつな)
通称名:ブルーアイス
性別:女
種族:人間(悪魔ハンター)

容姿:透明感のある水色の、腰までかかる綺麗なストレートロングヘアー。
瞳の色は蒼。
服装は白い半袖ワンピースの上に、黒いロングコートを羽織っている。
靴は動きやすさを重視して、青のラインが入った白の運動靴。
また、ワンピースの腰にはベルトを巻いており、二本の刀とその鞘がさしこまれている(普段はロングコートによって鞘の一部しか見えない)。
身長は146cmと小柄で、体重も身軽だが、その割には身体は筋肉質。

性格:気まぐれでマイペース。
面倒くさがりで気分屋なので、悪魔退治もその日の気分で決めてしまうという恐ろしいお方。
非常に仲間思いで、傷つけられると我を忘れて感情的になって、暴走する。

武器: ・日本刀『凛(りん)』【腰にさしてある日本刀で、普段は青色の鞘にさしこまれている。切れ味は抜群で、悪魔の硬い身体を易々と切り裂く。】

   ・脇差『涼(りょう)』【普段は水色の鞘にさしこまれている日本刀。暴走している時や本気の時にしか抜かず、普段は使用しない。『凛』と同じくらい切れ味は抜群。】

武器技:基本的に近距離戦闘専門のため、遠距離はもっぱらダメ。
普段は一刀流で戦うが、本気時は二刀流。
見えない速さで相手を一瞬で斬る『一閃』、集中して力を溜めて相手を真っ二つに斬る『一刀両断』がある。
また、生来の素早さを用いて敵を撹乱したり、殺気を感じて身構えることも可能。

詳細:年齢は14歳。少年のような口調で話す。
一人称は僕。二人称は君、お前。
好きなものはヌイグルミ、お菓子、そしてゲーム。
苦手なものは雷、野菜全般である。
剣道一家の長女で、幼い頃から修練を積んで来たため日本刀を武器にする。


台詞例(口調が分かりにくいかと思われますので、参考程度に)
(普段):「僕は蒼希雪菜。よろしくね〜」
   「え〜?ヤだよ。だって、面倒くさいじゃん」
   「焔夜。僕はこいつが嫌いだ」
(暴走時):「お前、殺す!」
    「よくも……よくも僕の友達を!!」





続いてもう一人、投稿させていただきます。

名前:紅月 焔夜(こうづき えんや)
通称名:レッドフレイム
性別:男
種族:人間(悪魔ハンター)

容姿:紅毛で寝癖が少々あり、耳元が見えるくらい短い髪。
瞳の色は赤。
服装は白の半袖シャツにジーンズの長ズボン。
上に黒のジャンパーを羽織っている。
ズボンのベルトには二つのホルスターがあり、そこには武器である銃や弾丸が入っている。
身長は175cmと長身で細身だが、こちらも筋肉質。

性格:冷静沈着で、不測の事態にも動じない心の持ち主。
常に周りを見渡す視野の広さを持ち、状況を判断しながら雪菜に的確な指示を送る、リーダー的素質を持つ。
基本的に口数は少なく、感情表現に乏しい。
幼馴染みである雪菜にだけは心を許しており、彼女に対しては稀に表情を見せる。

武器: ・二丁拳銃『烈』『火』【ベルトについているホルスターにさしこまれている二丁拳銃。放たれる弾丸の威力はす凄まじく、並みの悪魔を貫通できる程、造りが良い。尚、二つの銃は連結することで狙撃銃に変化する】
   ・狙撃銃『烈火』【普段は二丁拳銃として使用している『烈』『火』を連結することで現れる、拳銃の本来の姿。『烈』の後方部分と『火』の前方部分にある連結部を繋ぐことで出来上がる。狙撃銃なので、遠い場所からの狙撃に適している】

武器技:こちらは中・遠距離戦闘に特化しているため、近距離戦闘はもっぱらダメ。
連射や速射はもちろん、連結させて狙撃銃にすることで狙撃も可能。
また、弾丸には様々な種類があり、中には属性弾(火炎弾、氷結弾など)や特殊弾(毒弾、麻痺弾など)があるため、弾丸を換えることで、様々な状況に臨機応変に対応出来る。
こちらも素早さはあるため、相手の撹乱も可能。

詳細:年齢は17歳。普通の男性口調で話すが、口数は少なめ。
一人称は俺。二人称はお前、貴様。
雪菜の幼馴染みで、悪魔退治の時は常にパートナーを組んでいる。
また、暴走する雪菜を止められる唯一の存在でもある。
好きなものはボードゲーム、本。
苦手なものは特にない。
弓道やビームライフル等の射撃一家の長男で、幼い頃から修練を積んでいたため、銃の扱いに長けている。


台詞例(こちらも口調が分かりにくいかと思いますので参考に……)
 「……俺、紅月焔夜」
 「お前を……潰す」
 「雪菜、ストップだ。これ以上の戦闘は意味を成さない」



一気に二人も投稿してしまい、すみません!
よろしくお願いします。
それでは、失礼いたしました〜。
メンテ
Re: 悪魔ダークの冒険記【オリジナル】 ( No.9 )
日時: 2016/09/13 20:15
名前: リク

〜登場人物〜(話が進む毎に更新)

〜悪魔〜

名前:ダーク
性別:♂
容姿:金髪のウルフカット。目の色は右が赤、左が水色のオッドアイ。
服装は、青い長袖のTシャツに黒のジャケット、
黒いGパン、黒いブーツ。首に赤い宝石の付いたクロスのネックレスを着けている。普段はローブで隠している。左目のまぶたに傷が付いている。左目が見えない。普段は、水色の義眼を着けている。
魔術:手から炎や雷を出す。当たれば、相手に大ダメージを与え、最悪の場合、寝たきりになるほどの威力がある。ただし、天使には、効かない。
性格:冷静で腹黒い。
悪魔以外に強い殺意を持っている。
自分が敵と認識した者は、即、殺すと言う考えをもっている。
これでも一応仲間思いの所もある。
リリアンの好意に気付いていたりいなかったり...!?
かなりの辛党。
甘いものが苦手。
武器:「サタン・クロー」
   悪魔専用の武器。
   形状は鎌。この武器には、魔力が封じ込まれている。
   かなりの重さで、扱うにはかなりの筋力が必要。
   悪魔以外は、扱うどころか持つことも出来ない。
  一振りすれば、大抵の人間は死ぬ。
武器技:「ダーク・サタン・クロー」
    周りの敵に大ダメージを与える技。
    範囲はかなり広い。
    これを食らった相手は、かなりの傷を負い、最悪の場合、死に至る。
詳細:この物語の主人公。
年齢は、27歳。口調は、落ち着いている。
一人称は、「オレ」、二人称は、「お前、貴様、呼び捨て」、三人称は、「お前等、貴様等」。
幼い頃、悪魔ハンターに父親を殺された。
さらに、人間に化け物扱いされた。
以来、悪魔ハンターと人間に深い恨みを持った。
千年前、悪魔ハンターによって、封印の森に封印されたが、ある人間によって、復活した。
不老不死の力を持っている。

名前:リリアン
性別:♀
容姿:黒髪のポニーテール。目の色は、青。
服装は、紫のレース付きのトレーナーに黒いカーデガンを羽織っている。黒いスカート。黒いヒール。
首に水色の宝石の付いたクロスのネックレスを着けている。右腕がない。普段は、義手を着けている。
魔術:手から光線を出す。当たった者は、石に変えられてしまう。使う相手に恨みがあるほど効果が長引く。ただし、そのぶん魔力を消費する。攻撃されると元に戻る。
性格:冷静でおとなしい。だが、ダークが自分の目の前でピンチになると、暴走する。
仲間思い。
本当は臆病な事を隠している。
すっぱいものが好き。甘いものが苦手。
武器:今は無し
詳細:この物語のヒロイン。
年齢は、26歳。口調は落ち着いている。
一人称は、「アタシ」、二人称は、「貴方、呼び捨て、(ダークのみ)(デビル)様」、三人称は、「貴方達」。
ダークの幼馴染。
ダークに対して好意を持っている。
メデューサの末裔。
暗い過去を持っている。
彼女も不老不死の力を持っている。
常にダークと一緒に居る。
彼が封印された事を知らずにダークを探して、彷徨っていた。
メンテ
Re: 悪魔ダークの冒険記【オリジナル】 ( No.10 )
日時: 2016/10/05 07:46
名前: リク

〜三話〜「真実」 前編

〜ダーク視点〜
「え・・・!?
・・・それはどう言う事ですか・・・!?」
「いいか?・・・これは本当の事だ」
これは今から、数分前ーーー

「リリ・・・何処にいるんだ・・・」
オレはしばらく森を歩いていた。
すると、何か見えた。
・・・薄暗くてよく見えないが・・・
あれは、もしかして・・・
オレは、少しの期待を持った。
…いや、待て…もしかしたら、罠かも知れないな。
気をつけなければ…
オレは、少し警戒しながらも奥へ進んだ。

ガサ・・・

「・・・!」
そこにはなんと・・・
「…デビル様…
何処に居るのかしら…?」
リリが居た。
オレは驚きを隠せなかった。
だが、あの姿は本物のリリだった。
「…!?…リリ…!?」
オレは思わず声を出した。
…こちらに気づいたのだろうか…
リリが走って来た。
ーーーリリが無事だった…!
……よかった……ーーー
オレは心の中でそう、思った。
その後、オレは、リリから話を聞いた。
何故此処に居るのか、
そして何故オレをすぐ見つけたのかを。

〜後編に続く〜
メンテ
Re: 悪魔ダークの冒険記【オリジナル】 ( No.11 )
日時: 2015/08/18 16:53
名前: リュカ

頑張って下さい。
メンテ
Re: 悪魔ダークの冒険記【オリジナル】 ( No.12 )
日時: 2015/08/21 20:09
名前: リュカ2

頑張って下さいね。
メンテ
カルティエ ラブリング 値段 ( No.13 )
日時: 2017/03/21 03:18
名前: カルティエ ラブリング 値段  <>

ブランドコピーブランド
ブランドコピーブランド人気特集専門店!
ブランドブランドコピーN級品バッグ・財布・時計・アクセサリー・水着販売専門ショップ!
ブランド アクセサリーコピー人気特集 、
日本直営店最高級激安高品質ブランドアクセサリーブランドコピーN級品販売通販!
メンテ
カルティエ ソリテール 60万 ( No.14 )
日時: 2017/06/01 01:08
名前: カルティエ ソリテール 60万  <>

日本超人気ブランドコピーブランド時計激安通販専門店
2017年最高品質時計コピー、国際ブランド腕時計コピー、
業界唯一無二.世界一流の高品質ブランドコピー時計。
メンテ

Page: [1] [2]

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存

ポケモン ドリームスター